073-473-2946

FUKUホーム

コラム
コラム
コラム

結露する家の特徴と結露しない家にするポイントを紹介します!

2022.04.21

「家の結露が多い」「結露の原因が分からない」と悩んでいる方も多くいらっしゃるでしょう。 家が結露してしまうのには原因があります。 この記事では、結露する家の特徴や結露しない家にするためのポイントを紹介します。 □なぜ結露してしまうの?結露する家の特徴を紹介します! 結露する大きな原因は、家の断熱性が低いことです。 断熱性とは、熱を逃さない性能のことです。 断熱性が低い家では、暖めた空気が逃げてしまい、部屋の気温の変化が激しいことで結露が発生します。 また、部屋の湿度が高いことも結露ができる原因であり、換気を行わないと湿気が溜まって結露が発生します。 平成15年以降に建てられた住宅は、1日中換気が行われる設備がついていることがほとんどです。 それ以前に建てられた住宅は換気設備がついておらず、結露が発生しやすくなっていると言われています。 では、結露を放置するとどのような被害が出るのでしょうか。 結露の発生による被害は、「壁や家具にカビやシミが発生する」「ダニが発生し、アレルギーを引き起こす」「住宅の建材が浸食し、痛んでしまう」などがあります。 結露の発生により、住宅や健康に被害が出てしまいます。 □結露しない家にするためには?重要なポイントを4つ紹介します! 1つ目は、断熱性の高い窓ガラスにすることです。 先述したように、結露しない家にするためには断熱性を高めることが重要です。 真空ガラスや複層ガラスなどの断熱性の高い窓を選ぶことをおすすめします。 2つ目は、二重サッシにすることです。 サッシの内側にもう1つサッシをつけて二重にすることで、断熱性を高めて結露を防止します。 また、結露防止だけでなく、家の防音性も高まります。 3つ目は、窓枠に樹脂を使用することです。 結露は窓ガラスではなく枠や框に発生することが多く、熱を伝えやすいアルミでは結露を予防することは難しいでしょう。 熱を伝えにくい樹脂を使用することをおすすめします。 4つ目は、住宅の建材は調湿機能のあるものを選ぶことです。 建材の種類によっては調湿機能があります。 調湿機能があると、室内の温度を一定に保ち、結露を防止できます。 □まとめ 今回は、結露する家の特徴や結露しない家にするためのポイントを紹介しました。 結露は住宅にも健康にも大きな影響を与えてしまいます。 結露しないために断熱性を高めて、一年中快適に過ごせる家にしましょう。 住宅に関することで何か分からないことや悩みがあれば、ぜひ当社にご相談ください。

BACK