073-473-2946

FUKUホーム

コラム
コラム
コラム

家づくりをご検討中の方へ!家事動線が良くなるポイントについてご紹介します!

2022.01.05

「家事動線が良い家に住みたい」「家事動線が楽になる家づくりをしたい」 このようにお悩みの方必見です。 今回は、家事動線が楽になるポイントや間取りについてご紹介します。 □家事動線のポイントをご紹介! 家事動線は、家づくりで多くの方がこだわる部分です。 住宅完成後、ストレスなく快適に生活を送るために非常に大切です。 以下では、家事動線が楽になるポイントについてご紹介します。 1つ目は、家事が楽になることです。 洗濯やご飯作りは、生活するうえで欠かせない家事として挙げられます。 上のような家事を減らすことはできないので、少しでも楽に楽しく家事を行うためには、移動する経路が短い方が快適です。 キッチンや洗面台、洗濯を干す場所を近くに設置することで、朝の混雑を避けられたり、移動距離が短くなったりします。 隣に設置するのではなく、洗面台やリビング、洗濯を干す場所を回遊できる間取りがおすすめです。 家事にかかる時間を減らすことで、自分の時間が増えたり、子供と遊ぶ時間が増えたりします。 家づくりを行う際は、家事動線を楽にするための工夫を行ってみましょう。 2つ目は、キッチン周りのポイントです。 広いキッチンは一見使いやすそうに見えますが、動く範囲が広がり料理をする時間が長くなったり、使いづらかったりすることがあります。 自分がキッチンに立った際の状況をイメージして、どの場所にシンクを置けば良いか、冷蔵庫の位置はどこにするのかを決めておくことが大切です。 また、コンセントの数や位置は、キッチン用品を使う際に必ず必要になるので、どこで家電を使うかを考えておきましょう。 □家事動線を楽にするポイントとは? 家事動線を減らすためには、収納場所を考えることも非常に大切です。 以下ではいくつかの役立つ収納についてご紹介します。 1つ目は、リビング収納です。 リビングには子供が遊ぶおもちゃや、新聞紙などが散らかってしまうことがあります。 このような場合には、2畳~3畳の収納スペースを作り、小物類を収納するようにしましょう。 1か所にまとめることで、子供も自分で片付けられたり、整理整頓がしやすかったりします。 2つ目は、土間収納です。 玄関の土間を少し広く取って、物置としても使用できる収納スペースを作りましょう。 ベビーカーや外で使用するおもちゃが収納できます。 また、家族が多い方は靴も収納できるでしょう。 □まとめ 今回は、家づくりを行う際の家事動線を楽にするポイントについてご紹介しました。 家事動線は生活する中でストレスを抱えないために非常に重要です。 家事動線に関するお悩みや質問のある方はお気軽にお問い合わせください。

BACK