073-473-2946

FUKUホーム

コラム
コラム
コラム

マイホームの購入をお考えの方へ!間取りで後悔しないためのポイントを解説します!

2021.07.22

現状の家の間取りに不満があるので、新しく建てる家は間取りで後悔したくないと思っている方はいませんか。 間取りは日常生活の快適さに大きく影響しますよね。 後悔しないためにはいくつかのポイントを押さえる必要があります。 そこで今回は、マイホームの購入をお考えの方へ間取りで後悔しないためのポイントを紹介します。 □間取りの失敗例を紹介 間取りで後悔しないためには、失敗例を知っておくことも大切でしょう。 現状の家では思いもつかない失敗や後悔が見つかるかもしれません。 是非反面教師にしてみてくださいね。 水回りの失敗や後悔は以下の通りです。 ・トイレが遠い、うるさいこと ・キッチンと玄関が遠いこと ・洗面所が混雑すること トイレが寝室から遠いとトイレで目覚めた時に面倒に感じたり、逆に近すぎると水を流す音で寝ている人を起こしたりすることもあるでしょう。 また、キッチンと玄関の距離も重要です。 キッチンに関しては料理や配膳、動線についてはしっかりと考えられますが、玄関からの距離に関して計画できている方は少ないです。 たくさん買い物をしたときに玄関からキッチンまでの距離が遠いと、とても不便です。 洗面所も混雑することを考えてできる限り余裕を持たせると良いでしょう。 次は、リビングと寝室に関する失敗と後悔を紹介します。 リビングでは、以下の失敗があります。 ・日当たりが悪かったり良すぎたりすること ・外から見えてしまうこと ・寝室がうるさくて眠れないこと 日当たりはちょうど良い加減を見つけることが大切です。 また、外からの視線にも気をつける必要があります。 プライベートスペースはしっかりと確保しましょう。 さらに、就寝時間の違いにも気をつける必要があります。 寝室がうるさくならないように、玄関やリビングとの位置関係を考えておきましょう。 □間取りの失敗や後悔を防ぐためのポイントとは ここまでは失敗例や後悔を紹介しました。 ここからは、こうした失敗を防ぐためのポイントを紹介します。 1つ目のポイントは、マイホーム計画の事前段階から家が完成するまで家族で話し合うことです。 今までの不満点や希望をしっかりと話し合い、意見をまとめておきましょう。 2つ目のポイントは、入居者見学会に参加することです。 展示場や説明を聞くだけでなく、見学会が大切です。 実際にその業者によって作られた住宅を見ることが大切です。 3つ目のポイントは、土地と建物をセットで考えた上でまとめて契約することです。 住みたい土地に納得のいく間取りを当てはめられるかが大切です。 土地だけを先に契約することがないように気をつけてください。 □まとめ 今回は、マイホームの購入をお考えの方へ間取りで後悔しないためのポイントを紹介しました。 ポイントを押さえて満足のいく住宅を作っていただければ幸いです。 間取りに関して不安がある方は当社までご相談ください。

BACK